1. >
  2. >
  3. メール機能>
  4. OP25Bについて

OP25Bについて

OP25B(Outbound Port 25 Blocking Message)について

現在、ほぼ全ての大手プロバイダ様にて、迷惑メールの蔓延を防止するための取り組みとして、Message Submission Portを利用した送信のみ行えるようになっております。

弊社のメールサーバーをご利用いただく場合でも、回線側はプロバイダ様の物をお借りして弊社メールサーバーへ接続を行う仕組みの為、プロバイダ様内ネットワーク(25番ポート)と外部ネットワーク(587番)とを区別する為に導入されている仕組みです。

仕組みとしては難しいものではありますが、ユーザ側では通常、お使いのメールソフトウェアにおいて送信用ポート(SMTPポート)を、標準の25番ポートから587番へ設定をご変更いただくだけでご利用が可能となります。

※迷惑メールが発信されにくくなるように、Message Submission Port のみならず、SMTP AUTH方式の認証を併せて行われるプロバイダ様が増えています。

※標準の25番ポートで送信エラーが発生する際には、お使いのプロバイダ様での制限をご確認の上、設定変更をお願いしています。

Outlook ExpressにおけるSMTPサーバーの変更方法

1. アカウント設定の選択

ツール(T)より、アカウント設定(A)をお選びいただきます。

Outlook Expressでアカウント設定を選択しているスクリーンショット
2. プロパティを開く

変更したいアカウントが選択されている事を確認し、プロパティ(P)をクリックしてください。

Outlook Expressでメールタブから追加を選びその中のメール選んでいるスクリーンショット
3. 「送信メール(SMTP)」を587に変更

詳細設定タブをクリックし、「サーバーのポート番号」の「送信メール(SMTP)」を587に変更してください。

Outlook Expressで表示名を入力しているスクリーンショット

以上で設定完了です。「OK」をクリックしてください。

マニュアルメニュー

お申込みについて
会員登録情報
ドメイン管理
HTML/PHP・MySQLサーバー機能
WordPress機能
FTPソフトの設定
広告について
メール機能
各管理パネルについて