『.jp』『都道府県.jp』ドメインにおける「Whois登録者情報非表示設定」機能提供開始のお知らせ

2019/02/18

平素はエックスドメインをご利用いただき誠にありがとうございます。

この度エックスドメインでは、
汎用・都道府県型JPドメイン名(以下、『.jp』『都道府県.jp』ドメイン)を対象に
「Whois登録者情報非表示設定」機能の提供を開始いたしました。

『.jp』『都道府県.jp』ドメインにおいて、
インフォパネルより同機能を有効にすることで、
Whois検索時に登録者名が表示されないようにすることが可能です。

詳細は以下をご参照ください。

----------------------------------------------------------------------
■提供開始日
 2019年2月18日

■対象ドメイン
 ・(ローマ字).jp
 ・(日本語).jp
 ・(ローマ字).都道府県.jp
 ・(日本語).都道府県.jp

■対象機能
 「Whois登録者情報非表示設定」機能

■利用方法
 インフォパネルからご利用ください。
 
 【新規取得、移管が完了する前の場合】
  「Whois登録情報設定」メニューより設定を有効にしてください。
  新規取得、移管が完了した時点で、設定した内容が反映されます。
 
 【取得、移管が完了している場合】
  各ドメインの「ドメインパネル」より設定を有効にしてください。
  お手続きが完了した時点で、設定した内容が反映されます。

■「Whois登録者情報非表示設定」について
 JPドメイン名の登録を管理する日本レジストリサービス(以下JPRS)が提供する機能であり、
 登録者の意思によって、JPRS WHOISでの登録者名を非表示にすることができます。
 
 詳細はJPRSのウェブサイトをご参照ください。
 
 ◇Whois登録者情報非表示設定(JPRSウェブサイト)
  https://jprs.jp/about/dom-rule/whois-concealment/

■Whoisにおける登録者情報について
 Whoisにおける登録者情報は、第三者がドメイン名の所有者を
 確認できるようにするなどの目的で公開される情報です。
 エックスドメインでは、「Whois登録情報設定」で登録した登録者情報を標準で登録しています。

◇関連マニュアル
Whoisについて
インフォパネル WHOIS情報設定
ドメインパネル Whois情報の確認・変更
----------------------------------------------------------------------

弊社では、今後もお客様により満足していただけるよう、サービス強化に注力して参ります。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。