1. >
  2. >
  3. 会員登録情報>
  4. WHOIS情報設定

WHOIS情報設定

インフォパネルの [ WHOIS登録情報設定 ] では、ドメインの新規取得時、移管完了時に設定するWhois情報の初期値について、確認や変更が可能です。

Whois情報の登録について

ドメインに関する国際機関であるICANN(The Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)で定めにより、Whois情報について当社名義による代理情報での公開有無を問わず、ご本人名義の「ドメイン登録者・管理者情報」(Registrant Contact / Admin Contact)の登録が必要です。

取得(登録)済みのドメイン名におけるWhois情報変更について
取得(登録)済みのドメイン名におけるWhois情報の変更手順は、マニュアル「Whois情報の確認・変更」をご参照ください。

新規取得(登録)・移管完了時点でのWhois情報は、ドメインの種類により異なります。

項目 内容
Registrant Contact(登録者情報) 『WHOIS登録情報設定』の登録内容
Admin Contact(管理者情報) 『WHOIS登録情報設定』の登録内容
Biliing Contact(経理担当者情報) 当社(XSERVER Inc.)名義
Tech Contact(技術担当者情報) 当社(XSERVER Inc.)名義

「Whois代理公開設定」を有効にした場合、『Registrant Contact』『Admin Contact』も当社(XSERVER Inc.)名義による代理情報を設定します

項目 内容
登録者情報 『WHOIS登録情報設定』の登録内容
公開連絡窓口情報 当社(エックスサーバー株式会社)名義
  • 登録内容は取得完了時にJPドメインにおけるレジストリ(管理業者)であるJPRSにも通知されます
  • Whois公開情報では、『登録者名』『登録者名(英語)』のみ公開されます
  • Whois公開情報において、『登録者名』『登録者名(英語)』を非表示にすることができます。詳細は、ドメインの取得完了後にカスタマーサポートへお問い合わせください。
▼新規取得時
取得申請時に記入の内容で登録します。
▼移管(指定事業者変更)時
移管前の登録内容を変更することなく引き継ぎます。

インフォパネルの[ Whois登録情報設定 ] より、「WHOIS情報(.JP以外の一般ドメイン名)」もしくは「汎用JP(.JP)向けWHOIS情報」の下部にある「情報を編集する」ボタンをクリックしてください。

WHOIS登録情報設定

「メールアドレスの有効性が未確認です」と表示される場合について

ICANNのWhois正確性プログラムに基づき、上位レジストラによるWhois情報に登録されているメールアドレスの有効性(送受信の可否)確認が完了していないため、上記の案内が表示されます。
「有効性確認メールを送信する」ボタンをクリックしてメールアドレスの有効性確認を実施してください。

入力フォームが表示されますので、編集を行い、「WHOIS情報変更(確認)」をクリックしてください。

変更した情報に間違いがないか確認し、「WHOIS情報変更(確定)」をクリックすると完了です。

WHOIS情報の代理公開が可能なドメインについて、Whoisで公開される情報を当社(XSERVER Inc.)名義に設定することができます。

Whois情報の代理公開が可能なドメイン一覧
.com / .net / .org / .info / .biz / .cc / .in / .mobi / .bz / .ws / .tv ドメイン

インフォパネルの[ Whois登録情報設定 ] より、WHOIS代理公開設定が有効になっている場合は、代理公開サービスをご利用いただいている状態です。
WHOIS代理公開設定の右側にある「設定を変更する」ボタンより、有効・無効を切り替えることができます。

WHOIS代理公開サービス

「有効(もしくは無効)に切り替えます。」と表示されるので、間違いないか確認し、「設定を変更する(確定)」ボタンをクリックすると切り替え完了です。

WHOIS代理公開サービス