1. >
  2. >
  3. >
  4. ドメインについて>
  5. ドメイン管理の移転(移管)

ドメイン管理の移転(移管)

Q他社で取得した独自ドメインをエックスドメインへ移管する手続きを教えてください。
A

サイトのお申し込み > [ 管理をエックスドメインに移す(移管) ]もしくは、管理パネルへログイン後 [ 移管申し込み ] から行うことが可能です。
詳しくはドメイン移管申請マニュアルをご参照ください。

Qエックスドメインの異なる会員ID間でのドメイン移管は可能ですか?
A

申し訳ございませんが、弊社会員ID間でのドメイン移管は行えません。

Q他社からエックスドメインへの移管が失敗してしまいます。
A
■.jp 系ドメインの場合
移管元の管理業者様側で承認が行われなかった可能性があります。
移管に必要なお手続きが行われているか、移管元の管理業者様側にご確認ください。
■.com 系ドメインの場合
さまざまな原因が考えられます。
  • ・移管承認メールの承認手続きが行われていない
  • ・移管申請時に入力いただいた認証鍵(AuthCode)に誤りがあった
    (※レジストリキーやMITキーを入力しても申請は受け付けられますが、移管そのものは失敗となります。)
  • ・移管承認メール送信先情報が取得できなかった
  • ・移管元でレジストラロックがかかっている(取得より60日経過していない)
移管失敗理由の調査を行わせていただきますので、再申請を行う前にメールサポートへご連絡ください。
Q移管申請時、認証鍵を誤って入力してしまいました。
A

.com 等のドメインの移管申請時、認証鍵をご入力いただいていますが、ご入力いただく文字列は AuthCode(Authinfo・EPPkey・authorization key…)です。

※レジストリキーなどでも申請は受け付けられますが、文字列相違のため移管は失敗してしまいます。

移管承認メール等の承認期間の関係上、移管失敗となるまでは、該当ドメインに対して再申請を行うことができません。

移管失敗となりましたら、弊社より移管未完了のお知らせを送信させていただきます。
こちらがお手元に到着いたしましたら、再申請が可能となります。

Q移管申請に必要な移管承認メールが到着しないのですが。
A

通常、上位レジストラより、 Whoisにドメイン登録者連絡先として登録されているメールアドレス( registrant contact )宛てに弊社名義の移管承認メールが送信されます。

  • ・Whois 情報における registrant contact がお客様にて、受信可能なメールアドレスとなっているかご確認ください。
  • ・迷惑メールとして振り分けられていないかご確認ください。
  • ・移管元の管理業者様側での設定により、registrant contact をお客様のメールアドレスに設定いただいていても、現在の管理業者宛てに移管承認メールが送信されている場合があります。
    移管元の管理業者様宛に送信されていないかご確認ください。
Q移管承認メールを誤って破棄してしまいました。
A

移管承認メールは移管申請を行うことで送信されますが、弊社から送信を行っているものではございませんので、誤って破棄された場合でも、再送を行うことができません。

期日内に移管承認メールの承認が行われなかったなどの理由により、ドメインの移管が失敗いたしましたら、弊社より「移管未完了のお知らせ」を送信させていただきます。

こちらがお手元に到着いたしましたら、再申請が可能となりますので再申請(認証鍵の入力以降のお手続き)を行ってください。

Q管理パネルの移管申し込み画面にて「メールアドレスの有効性が未確認です」と表示されています。
A

ICANNのWhois正確性プログラムに基づき、上位レジストラによるWhois情報に登録されているメールアドレスの有効性(送受信の可否)確認が完了していないため、上記の案内が表示されます。

管理パネルの「契約・会員情報 > WHOIS登録情報設定」にて、以下のいずれかを行うことにより表示されなくなります。

  • WHOIS代理公開設定を「有効」にする
  • 「有効性確認メールを送信する」ボタンをクリックしてメールアドレスの有効性確認を実施した後に、独自ドメインの取得・移管手続きを行う

設定箇所は以下をご参照ください。

WHOIS登録情報設定の詳細画面