ドメインとメールアドレスの違いは?種類や作成方法を解説

ドメインとメールアドレスの違い・種類・作成方法を解説

ドメインを初めて利用する場合、「ドメインとメールアドレスとの違いや、関係性が分からない……」という方もいるでしょう。

ドメインは、WebサイトのURLはもちろん、メールアドレスとしても利用できます。

この記事では、ドメインとメールアドレスの違いから、独自ドメインでメールアドレスを作る流れまで解説します。

ドメインを取得してメールアドレスを作成したいとお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

ドメインとメールアドレスの違いって?

一体、ドメインとメールアドレスは何が違うのでしょうか。

ドメインもメールアドレスも、それぞれ異なる役割をもつものです。

まずはそれぞれの役割と関係性を理解しておきましょう。

そもそもドメインって何?

ドメインとメールアドレスの違いや関係性を理解するために、まずは「ドメイン」から解説します。

ドメインは、インターネット上の「住所」のようなもので、インターネット上でWebサイトなどを識別するものとして用いられます

ドメインは、それ単体では「住所」として、うまく活用できません。
サーバーと紐付けて利用することで、サイトアドレスやメールアドレスとして利用ができるようになります。

ドメインについて、詳しくは以下の記事で解説していますので、くわしく理解したい方は参照してみてください。

メールアドレスの役割やドメインとの関係性は?

それでは、ドメインとメールアドレスはどのような関係にあるのでしょうか。

そもそもメールアドレスは、電子メールを送受信するときに、送信先などの利用者を特定するものです。

ドメインは、そんなメールアドレスの一部を構成し、「宛先」や「差出人」の「住所」として、「ここに送る」「ここから送る」という情報を示す役割を担っています。

具体的には、メールアドレスの@より後ろの部分がドメインです。

ドメイン名の画像

ドメインが「住所」を示すのに対して、@の前の文字列はメールアドレスの「利用者などを示す情報」にあたります。

郵便に例えると、ドメインが「宛先の住所」@の前の文字列は「宛名」だと考えると、分かりやすいでしょう。

このように、ドメインはメールの宛先・差出人の「住所」、メールアドレスは「宛先・差出人」を示す情報という違いがあります。

関係と役割を理解したところで、「さっそくドメインを取得してメールアドレスを作りたい!」という人は、「独自ドメインのメールアドレスを作る方法」をご覧ください!

メールアドレスの種類

「宛先」や「差出人」を示す役割を担うメールアドレスですが、取得方法や提供元の違いなどから、大きく分けて4つの種類に分けられます。

フリーメールアドレス

フリーメールサービスの登録により、誰でも無料で取得できるメールアドレス
@gmail.com、@outlook.comなど

プロバイダーメールアドレス

インターネットプロバイダーとの契約により提供されるメールアドレス
@nifty.com、@●●●.so-net.ne.jpなど

キャリアメールアドレス

携帯キャリアとの契約により提供されるメールアドレス
@docomo.ne.jpなど

独自ドメインのメールアドレス

独自ドメインを自身で取得して作成するメールアドレス
@example.comなど

いずれのメールアドレスにも、@より後ろには、メールアドレス発行元のドメインが含まれています。

個人のプライベート用のメールアドレスとして使うなら、1~3のメールアドレスで問題ないでしょう。

ただし、提供元のドメインを使われた「借り物のメールアドレス」のため、個人名義のビジネスや、とくに企業での運用には向いていません。

対して、4の「独自ドメインのメールアドレス」は、利用するうえでさまざまなメリットがあるため、企業から個人事業主やフリーランスの方まで幅広い用途に活用できます。

独自ドメインのメールアドレスを利用するメリット

もし個人のプライベート用途以外でメールアドレスを利用するなら、独自ドメインを用いたメールアドレスをおすすめします。

というのも、以下のように多くのメリットがあるためです。

独自ドメインのメールアドレスのメリット
  1. ブランディングに活用できる
  2. 信頼性が高い
  3. 一つのドメインで複数のメールアドレスが作れる
  4. メールアドレスが変わらない

「ブランディング」や「信頼性」は、とくにビジネスにおいて重要なポイントです。

また、「複数のメールアドレスが作れる」ため、多人数での利用や、多用途に活用する場合でも便利です。

さらに、ビジネスの機会損失を避けるためにも、「メールアドレスが変わらない」ことも大きなメリットです。

これらのメリットについて、詳しくは以下の記事でも解説していますので、参考にしてください。

独自ドメインのメールアドレスを作る方法

独自ドメインのメールアドレスを作るための大まかな流れは、以下のとおりです。

独自ドメインのメールアドレスを作る流れ
  1. ドメインとレンタルサーバーを準備する
  2. ドメインとレンタルサーバーを紐づける
  3. レンタルサーバーでメールアドレスを作成する
ドメインとサーバーを準備したあと、各々を紐づけてから、サーバー側でメールアドレスを作成

メールアドレスを作成するには、「独自ドメイン」と「サーバー」が必要です。
「独自ドメイン」と「サーバー」を紐づけることで、メールアドレスの作成や利用が可能になります。

独自ドメインとサーバーは、「ドメイン取得サービス」と「レンタルサーバー」でそれぞれ契約するのが一般的です。

以下の記事で、お得に「独自ドメイン」と「サーバー」を用意する方法や、メールアドレスを作る手順を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ドメインとメールアドレスに関するよくある質問

ここからは、ドメインとメールアドレスに関するよくある質問と回答を紹介します。

メールアドレスのドメイン部分をあとから変更できる?

メールアドレスを作成したあと、「ドメイン部分だけ変更」はできません。

また、取得済みのドメインも、「あとから文字列だけ変更」はできません。

そのため、メールアドレスのドメイン部分を変更するには、新たにドメインを取得して、メールアドレスを作りなおす必要があります。

例えば、「mail@example.com」から、「mail@new-example.com」に変えたい場合。

新たに「new-example.com」のドメインを取得したうえで、メールアドレスの設定を行わなければなりません。

そうなると、ドメインを取得する費用、ドメインやメールアドレスの設定の手間などが再度かかるため、一度決めたドメインやメールアドレスは変更しないことをおすすめします。

これからドメインを取得する方は、あとで変更する必要がないように、ドメイン名を慎重に決めましょう。

以下の記事では、ドメインの決め方を開設しているので、取得時の参考にしてください。

ドメインの期限が切れるとメールアドレスはどうなる?

ドメインの期限が切れると、作成したメールアドレスが使えなくなるため注意しましょう。

ドメインを使い続けるためには、1年単位での更新が必要です。
更新を忘れてしまうとドメインが使えなく、そのドメインを用いたメールアドレスやWebサイトのURLも利用できなくなります。

また、レンタルサーバーも同様に更新期限があるため、同様に気を付けましょう。
更新期限はサービスにより異なりますが、数か月単位であることが多いです。

サーバーの期限が切れれば、当然メールの機能が利用できなくなります。
そうなると、期限が切れたあとに新しく送られたメールは受信できません。

さらに、メールデータをサーバーから都度読み込む設定にしていた場合、今まで受信したメールが見れなくなるおそれも……。

以上のことから、ドメインとサーバーは利用する限り忘れずに更新しましょう。

各サービスで自動更新の設定をすれば、更新忘れを防げるためおすすめです。

ドメインとメールアドレスは役割が異なる

この記事では、ドメインとメールアドレスの違い、種類、独自ドメインのメールアドレスについて解説しました。

要点をまとめると以下のとおりです。

まとめ
  • ドメインは、メールアドレスの@より後ろの文字列を構成している
  • ドメインは、メールの宛先や差出人の「住所」を示す役割がある
  • メールアドレスは、メールの「宛先」や「差出人」を示す役割を担う
  • 企業をはじめ個人の活動にも独自ドメインのメールアドレスがおすすめ
  • 独自ドメインのメールアドレスを作成するには「独自ドメイン」と「サーバー」が必要

ドメインは、メールアドレスの一部として宛先の「住所」を示しており、メールアドレスを利用するうえでは欠かせない存在です。

メールアドレスには、サービス利用などで無料で提供されるものと、自分で「独自ドメイン」を取得して作るものと、複数の種類があります。

プライベートではなく、企業や個人の活動のために利用するなら、「独自ドメインのメールアドレス」がおすすめです。

記事を読んで、独自ドメインのメールアドレスの必要性を感じた方は、この機会に作成することを検討してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ドメインもサーバーもご利用なら

エックスサーバーで
ドメインずっと0円

ドメインと一緒にサーバーもご利用なら、当社が提供する国内No.1シェア(※)のレンタルサーバー『エックスサーバー』の「独自ドメイン永久無料特典」がお得!

ドメイン取得はもちろん、更新料金もずっと0円!移管にも適用可能です。
「.com」「.net」「.blog」など、定番の人気ドメイン各種から選べます。

\ 5/1まで利用料金最大30%オフ /

\ 5/1まで利用料金最大30%オフ /

5/1まで利用料金最大30%オフ

「独自ドメイン永久無料特典」の詳細はこちら

※ 2023年10月時点、W3Techs調べ。

ドメインの取得・移管は

人気ドメインも1円から取得可能!

人気ドメインも1円から取得可能!

人気ドメインも
1円から取得可能!

エックスサーバーが運営する、お手頃価格でご利用可能なドメイン取得サービスです。人気ドメインの「.com」や「.net」、企業・団体向けの「.co.jp」などを年額1円~取得することができます。70種類を超えるドメイン取得が可能で、ドメイン取得後も様々な関連サービスとの連携もラクラク。

あわせて読みたい

メールアドレスの作り方・作成のコツ&利用方法
メールアドレスの作り方を解説!初心者向けに作成のコツや利用方法を紹介
DMARC・DKIM・SPFとは?なりすましメールを防止する仕組みと設定方法

※1自社調べ(2023年9月5日12時、時点)。
国内シェア90%以上を占めたトップ3社のレジストラ(2022年3月時点ICANN調査による)が提供するドメインサービスを対象に、公式サイト上の公表価格を調査。
本サービスにおいて登録可能なドメインが比較対象。
他社サービスにおける.com.net.jpの通常価格との比較であり、期間等の限定を付した特別価格を比較の対象としておりません。 最安値が同一価格である場合も含む。

※2 2023年10月時点、W3Techs調べ。

ISMSのロゴ

ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)認証基準の国際規格「ISO/IEC 27001:2013」を取得しています。

JIPDECのプライバシーマーク認証のアイコン

JIPDECのプライバシーマーク認証を取得し、個人情報の保護に努めています。

クラウドセキュアのサイトシールは安心の証です。

URLをコピーしました!