ドメインの取得費用や年間の維持費は?料金の種類や相場も解説

ドメインの費用は?料金の種類&目安

ブログやホームページを運営するには、サーバーはもちろん、ドメインの利用料金も必要であることをご存知でしょうか?

「インターネット上の住所」とも言われるドメインは、新たに取得するとき、利用を継続するときなどに費用がかかります。

ドメインを初めて利用する場合、「ドメイン利用にどんな費用がかかるの?」「どのぐらいかかるのかわからない」と不安になりますよね。

この記事では、ドメインの利用に必要な費用を、まとめて分かりやすく解説していきます。

さらに、ドメインがずっと無料で使えるお得な方法も紹介しているので、ぜひ参考にしてください!

ドメインとは?

ドメインの利用にかかる費用を説明するまえに、「ドメインとは何か」をおさらいしておきましょう。

ドメインとは、インターネット上での「住所」を表す文字列のこと
多くはWebサイトのURLやメールアドレスなどに利用されます。

ドメイン名の例(www.xdomain.ne.jp)
メールアドレスの@より後ろがドメイン名

ブログやホームページ、メールアドレスの利用などに使うドメインを取得するなら、「独自ドメイン」がおすすめです。

「独自ドメイン」とは、所有者が決めた任意の文字列で登録された、所有者自身のためだけに利用する有料のドメインのこと。

以下のように、独自ドメインにはメリットがたくさんあります。

「独自ドメイン」のメリット
  • ブランドイメージの向上につながる
  • 専用のメールアドレスが作成できる
  • Webサイトのアドレスが変わらない
  • 自分の資産になる

一方で、ドメインには、複数人で利用する「共有ドメイン」もあります。
「共有ドメイン」は、利用するWebサービスなどで提供されることが多く、無料で利用できます。

ただ、所有者が決めた文字列が入ったり、サービス利用が終了すれば使えなくなってしまったりするなどのデメリットもあります。

ごく短期間だけの利用や、趣味的な利用でなければ、「独自ドメイン」の取得をおすすめします。

この記事では、「独自ドメイン」の利用にかかる費用を説明していきます。

「ドメインってどんなもの?」という方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ドメイン費用の種類と料金相場

ドメインにかかる主な費用は、以下の3つです。

ドメインにかかる主な費用

いずれの費用も、ドメイン取得サービスによって料金が異なるので、いくつかのサービスを比較してみることをおすすめします。

ここでは、「.com」「.net」「.jp」といった有名ドメインについて、おおよその相場もご紹介します。

新規取得費用

新規取得費用とは、ドメインを取得するときにかかる費用のこと。

新規取得費用を支払い、ドメインを取得した後に、取得したドメイン名が利用できます。
また、費用には取得から1年間の利用料金を含んでいます。

ドメインの種類によっては、料金を支払ったあとに、あらためて取得申請をしてから利用が可能になるものもあります。

国内の主要なドメイン取得サービスを確認したところ、新規取得費用のおおよその相場は以下程度でした。

トップレベルドメインおおよその料金相場
.com1円~3000円ほど
(平均1700円程度)
.net1円~3000円ほど
(平均1800円程度)
(ローマ字).jp350円~4500円ほど
(平均3000円程度)
.co.jp2200円~6000円ほど
(平均4500円程度)
※2023年10月時点

サービスごとに金額が全く異なることがありますので、よく確認しておきましょう。

当サービス「Xserverドメイン」の価格は以下のとおりです。

トップレベルドメイン新規取得費用(Xserverドメイン)
.com1円
.net1円
(ローマ字).jp350円
.co.jp4136円
※2023年10月時点

更新費用

更新費用とは、ドメインの利用を維持するために必要な費用のこと。

ドメインの使用権(契約)を維持・延長するために支払う費用を指します。

更新費用をドメインの利用期限日までに支払わないと、ドメインが失効してしまい、利用できなくなってしまいます

継続してドメインを利用したい場合は、定期的に更新費用の支払いが必要です。

国内の主要なドメイン取得サービスを確認したところ、更新費用のおおよその相場は以下程度でした。

トップレベルドメインおおよその料金相場(1年)
.com1100円~3500円ほど
(平均2200円程度)
.net1350円~3500円ほど
(平均2300円程度)
(ローマ字).jp3000円~5000円ほど
(平均3600円程度)
.co.jp4100円~7000円ほど
(平均5500円程度)
※2023年10月時点

新規取得費用ほど極端ではありませんが、サービスによってそれなりに幅があります。

当サービス「Xserverドメイン」の価格は以下のとおりです。

トップレベルドメイン更新費用(Xserverドメイン)
.com1428円
.net1670円
(ローマ字).jp3102円
.co.jp4136円
※2023年10月時点

ドメイン取得時は新規取得費用に目が向きがちですが、長く利用すればするほど支払う総額が膨らむのは更新費用です。

ドメインの費用はWebサイトやメールアドレスを運用し続ける間は、継続して必要なもの。

新規取得費用だけに注目するのではなく、長く利用する前提で費用を試算してみることをおすすめします。

移管費用

移管費用とは、ドメインの管理会社を変更するときに必要な費用のことです。

現在ドメインを契約している管理会社から、ほかの管理会社へドメインの契約を移すときに、支払う必要があります。

なお、多くの場合、移管費用には1年分の利用料金も含まれており、移管時にはドメインの利用期限が1年延長されます。

国内の主要なドメイン取得サービスを確認したところ、移管費用のおおよその相場は以下程度でした。

トップレベルドメインおおよその料金相場
.com1000円~3000円ほど
(平均2000円程度)
.net1000円~3000円ほど
(平均2100円程度)
(ローマ字).jp2000円~4000円ほど
(平均3300円程度)
.co.jp4000円~5000円ほど
(平均4500円程度)
※2023年10月時点

人気ドメインの場合、キャンペーンで非常に安い料金で移管できることも。
とはいえ、移管を行う場合にのみ発生する費用なので、取得・登録する前から意識する必要はありません。

当サービス「Xserverドメイン」の価格は以下のとおりです。

トップレベルドメイン移管費用(Xserverドメイン)
.com1428円
.net1670円
(ローマ字).jp3102円
.co.jp4136円
※2023年10月時点

なお、管理会社によって、取り扱っているドメインの種類が異なり、取り扱いがなければ移管ができない場合もあります。

自分のドメインが移管できるのか、あらかじめ移管先の管理会社に確認しておきましょう。

年間のドメイン維持費用は2000円ぐらいから

ドメインの維持費用は、年間で2000円程度と捉えておけばよいでしょう。

先に示したとおり、ドメインの利用料金は、サービスやトップレベルドメインによって大きく異なります。
とはいえ、上で紹介した「.com」「.net」など、お手頃なドメインの相場ならば、おおよそ年間2000円(月額にして166円程度)で運用可能です。

継続的な費用が必要ではあるものの、独自ドメインのメリットの多さを考えれば安いものです。
必要経費として捉えておきましょう。

ドメイン費用を抑えるポイント3つ

ここまではドメインにかかる費用を紹介してきました。

費用がかかるなら、なるべく抑えたいものですよね。
続いては、ドメインの費用を抑える方法やポイントをご紹介します。

これからレンタルサーバーの契約も予定されているのであれば、「1. レンタルサーバーの無料ドメイン特典を活用する」がもっともおすすめです。
ドメイン費用を完全無料にできます。

それ以外の場合でも、なるべく安いサービスを選んだり、安くなるタイミングに手続きすることで費用を抑えられます。

それでは、それぞれ解説していきます。

1. レンタルサーバーの無料ドメイン特典を活用する(おすすめ!)

これからWebサイトやメールアドレスの運用を始める方は、「レンタルサーバーの無料ドメイン特典を活用する」のがおすすめです。

レンタルサーバーによっては、契約の特典として、ドメインを無料で提供してくれるサービスがあります。

取得費用はもちろん、更新費用もずっと無料になるので非常にお得です。

レンタルサーバーの契約も検討している方はぜひ利用してみてください。

当社が提供するレンタルサーバー『エックスサーバー』でも、ご契約いただいた方向けに「独自ドメイン永久無料特典」を提供していますので、ぜひご活用ください!

『エックスサーバー』の「独自ドメイン永久無料特典」

「独自ドメイン永久無料特典」は、『エックスサーバー』でサーバーを契約している限り、ドメインが無料で利用できるお得な特典です。

人気ドメインの「.com」「.net」「(ローマ字).jp」「.co.jp」のドメインも無料で利用できます。(対象ドメインはプランによって異なります)

自動でドメインの更新されるので、更新の手続きが不要なので手間もかからず、ドメインが失効する心配もありません。

なお、一部のプランには適用条件もあります。詳しくは、以下のマニュアルをご確認ください。

以下の記事では実際の利用手順を案内していますので、ぜひご覧ください。

2. キャンペーンやクーポンを活用する

ドメイン取得サービスでは、取得費用や移管費用がお得になるキャンペーンや、割引クーポンの配布などをよく実施しています。

キャンペーンや配布クーポンでの割引を活用しよう

うまく利用できればドメイン費用を抑えられるので、お申し込みの前にドメイン取得サービスのWebサイトをチェックしてみてください。

キャンペーンによっては半額以下などといった驚くような料金で利用できる場合もあります。

『Xserverドメイン』でも、お得な価格でドメインの取得や移管ができるキャンペーンを実施していることがあります。

キャンペーンでドメインが割引されている例

価格一覧にも反映されているので、ご利用時にはぜひ確認してみてください。

3. 更新費用の安いドメイン会社を利用する

長く使いつづけるドメインの費用を抑えるなら更新費用を抑えましょう

取得費用や移管費用は大きく割引されることが多く、公式サイトでも強く訴求されることが多いため、更新費用を見逃しがちです。

更新料金が安いと支払う総額を抑えやすい

新たに取得する場合は、複数のサービスを確認して更新費用を確認してから申し込むのがおすすめです。

すでにドメインをお持ちの場合は、より安いサービスにドメインを移管するのがおすすめ。
より更新費用の安い会社へ移管できれば、ドメインにかかる費用を抑えられます。

移管時もキャンペーンやクーポンが活用できる可能性があるので要チェックです。

ドメイン移管については、以下の記事でくわしく解説しています。

ドメイン費用の支払いについての基礎知識

ここでは、ドメイン費用の支払いについて解説していきます。

また、意図せずドメインが失効してしまったときの対処法も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

支払い先について

ドメインの費用については、ドメインを契約している管理会社に支払う必要があります。

複数のサービスを利用している場合は間違えないようにしましょう。

ただし、ドメインを移管する時は、移管元ではなく、移管先の管理会社に支払う必要があるので注意してください。

そのほか、「サーバー契約を更新したのにドメインが失効してしまった……」というトラブルも少なくありません。

サーバーとドメインは異なる契約です。
サーバーとドメインを別々の会社と契約している場合は、支払い先に誤りがないようにしてください。

支払いのタイミングについて

ドメインの契約は年単位です。通常は、料金を支払った日から1年以上経過した利用期限日が設定されます。

更新の手続きをするときは、設定された利用期限日までに更新費用を支払う必要があります。

なお、サービスによっては、複数年分の費用をまとめて支払うことも可能です。 
ただ、まとめて複数年の契約をした場合はとくに、先のことだと油断して、更新のタイミングを忘れがちなので注意しましょう。

『Xserverドメイン』では、ご利用期限日の【1ヶ月前】【2ヶ月前】【3ヶ月前】それぞれに更新に関する通知をしていますので、ご活用ください。

契約の自動更新が設定できる場合は、ぜひ活用しましょう。失効の心配がなく安心です。

ドメインが失効した場合どうする?

「更新費用の支払いを忘れてドメインが失効してしまった……」というケースは、よくあります。

利用期限日を超過してもなお、更新費用が支払われなかった場合、ドメインは失効してしまいます。

利用期限日を超過してすぐの場合は、通常の更新費用のみで復旧できる場合があります。

ただ、さらに時間が経過した場合などは、高額な復旧手数料が必要になることもあります。
最悪、復旧できないケースもありますのでご注意ください。

いずれにせよ、利用期限を超過したり、ドメインが失効してしまったりした場合は、速やかにドメインの管理会社に相談することをおすすめします。

なお、『Xserverドメイン』では自動更新設定が可能ですので、ぜひご活用ください。
ドメインの失効トラブルを回避できるので便利です。

費用を正しく理解してドメインを契約しよう!

今回は、ドメインを利用するときにかかる費用について全般的に解説しました。

要点をまとめると以下のとおりです。

まとめ
  • Webサイトやメールアドレスを利用するには、サーバーとドメインに費用がかかる
  • ドメインは種類によって料金が異なる
  • ドメインの契約は年単位
  • ドメインをずっと無料で利用できるお得な特典もある

ドメインは、サーバーと同様に、Webサイトやメールアドレスを利用しつづける限りは、契約を更新しつづけなければいけません。

そのため、信頼できる管理会社を見つけることも、とても重要です。
よくご検討のうえ、自分に合ったドメインを見つけてください!

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

ドメインもサーバーもご利用なら

エックスサーバーで
ドメインずっと0円

ドメインと一緒にサーバーもご利用なら、当社が提供する国内No.1シェア(※)のレンタルサーバー『エックスサーバー』の「独自ドメイン永久無料特典」がお得!

ドメイン取得はもちろん、更新料金もずっと0円!移管にも適用可能です。
「.com」「.net」「.blog」など、定番の人気ドメイン各種から選べます。

\ 4/3まで半額キャッシュバック /

\ 4/3まで半額キャッシュバック /

\4/3まで半額キャッシュバック/

「独自ドメイン永久無料特典」の詳細はこちら

※ 2023年10月時点、W3Techs調べ。

ドメインの取得・移管は

人気ドメインも1円から取得可能!

人気ドメインも1円から取得可能!

人気ドメインも
1円から取得可能!

エックスサーバーが運営する、お手頃価格でご利用可能なドメイン取得サービスです。人気ドメインの「.com」や「.net」、企業・団体向けの「.co.jp」などを年額1円~取得することができます。70種類を超えるドメイン取得が可能で、ドメイン取得後も様々な関連サービスとの連携もラクラク。

あわせて読みたい

Xserverのメリット!ドメインとサーバーをまとめて契約
サーバーとドメインは「Xserverでまとめて契約」がおすすめ!メリットを解説
ドメインの費用は?料金の種類&目安
ドメインの取得費用や年間の維持費は?料金の種類や相場も解説

※1自社調べ(2023年9月5日12時、時点)。
国内シェア90%以上を占めたトップ3社のレジストラ(2022年3月時点ICANN調査による)が提供するドメインサービスを対象に、公式サイト上の公表価格を調査。
本サービスにおいて登録可能なドメインが比較対象。
他社サービスにおける.com.net.jpの通常価格との比較であり、期間等の限定を付した特別価格を比較の対象としておりません。 最安値が同一価格である場合も含む。

※2 2023年10月時点、W3Techs調べ。

ISMSのロゴ

ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)認証基準の国際規格「ISO/IEC 27001:2013」を取得しています。

JIPDECのプライバシーマーク認証のアイコン

JIPDECのプライバシーマーク認証を取得し、個人情報の保護に努めています。

クラウドセキュアのサイトシールは安心の証です。

URLをコピーしました!